旦那の悪いとこにばっか目がいってない? 夫婦で幸せ度を上げるコツ♡

こんにちは。
きなこです。

夫婦で一緒にいると
「なんでやってくれないの?」
「なんで散らかすん💢」

と、ついつい悪い所にばかり目がいってしまいがち。

でも…
あなたの旦那さんは本当にそんなにダメな人?

この記事を読んで一緒に考えていきましょう!

もくじ

1.なんで悪い所にばっかり目がいっちゃうの?

①人種としての特徴

一説ですが、「人の悪い所にばかり目がいく」というのは人種が関係しているそうです。日本人は外国人より人の欠点を見つけてしまう傾向があるそうです。
なので私たちは日本人である限り、この傾向が強いものと思われます。
ただ、これはあくまで傾向のお話なので、全ての人に当てはまるわけではありません。

②自分がイライラしている


これも一説ですが、人は「対等な人」と安心してお付き合いができる生きものなんだそう。なので、<b>自分がイライラしていて自己評価が低いと、「相手の悪い所を見つけて自分と同じところまで引きずり下ろそう」と考えてしまうんだそうです。
逆に言えば自分が心を落ち着けていれば相手の悪い所は見えにくくなるということですね。</b

2.あなたの旦那さんはそんなにダメな人?

先程のお話から、私たちは日本人であることや自分の情緒によって、旦那さんの悪い所にばっかり目がいってしまいがちなのです。

でも、あなたの旦那さんは全部が全部、ダメな人でしょうか?
もちろん、本当にダメダメな人もいるかもしれませんが、私は<b>大半の方は何かいいところも必ず持ち合わせていると思っています。
だって、そうでなければ結婚はしませんよね?
</b

自分の心を落ち着けて、ゆっくりあなたの旦那さんのいいところを思い返す時間を設けてみましょう。

3.みつけよう!実はある旦那のいいところ<

ここでは、私の旦那さんを例に、考えられるいいところを挙げていきますね。

①毎日気持ちを伝えてくれる


私の旦那さんは毎日必ず「好き」と言葉で伝えてくれます。
この言葉があるととても愛おしく思え、ちょっとくらいのイライラなら全然許せてしまいます。

②毎日迎えにきてくれる


私はいつも仕事帰りが20時過ぎと遅いのですが、旦那はいつも車の免許のない私のために、毎日駅まで迎えに来てくれます。
もし同じような状況の方がいたら、これを当たり前と思わず、旦那さんも疲れている中迎えに来てくれている」ということを意識して、感謝の気持ちを持ちましょう。

③頼んだことはやってくれる


昔とは言えど、「男は仕事、女は家事」という風潮があった日本では、まだまだ「家事は女性のやること」という意識が知らず知らずのうちに根付いています。
そのため、旦那さんが自発的に家事をするのはまだ難しいでしょう。
というより、旦那さんは何から家事をしていいかんかっていない可能性が大きいです。
こちらから頼んだことをしてくれるだけで旦那さんとしては頑張っているのです。

④喧嘩したらその日のうちに終わらせる


私の旦那さんはいつも、喧嘩をしても「次の日に喧嘩を持ち越したくない」という理由で仲直りに導いてくれます。
私は大抵自分から折れないので、旦那がこう出なかったら今の私たち夫婦はボロボロだったと思います(笑)
すぐに仲直りしてくれるところも旦那の立派な長所だと思って感謝しています!

どうでしょう?
あなたの旦那さんにも、じっくり考えてみれば長所に当てはまるところがあるのではないでしょうか。

4.いいところを見つけると幸せ度が上がる


先程までで、旦那さんのいいところをみつけよう!というお話をしました。
これこそが夫婦で幸せ度を上げるコツです。

繰り返しになりますが、私たちは悪い所に目が行きがちな傾向を持っています。
だから、それを自覚し、意識して相手のいいところをみつけることでその傾向を崩すことができます。

イライラばかりしているより、相手のいいところを認め合えた方が仲良く幸せにいられることは当然ですよね。
あなたも今日から積極的に相手の長所をみつけていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

もくじ
閉じる