【知らないと老け顔に?!】正しいくまの知識と隠す方法

こんにちは。
きなこです。

そこにあるだけで
疲れた印象老けた印象になってしまうくま。

コンシーラーで頑張って隠している方、多いですよね。

でも、そのくま、本当に隠せていますか?
くまは原因に応じた対処をしなければさらに目立たせてしまうこともあるのです。

この記事を読めば、

  • あなたのくまのタイプ
  • タイプ別の対処法

を理解することができます!

老け顔に悩む方は絶対に最後まで読んでくださいね!

もくじ

1.くまのタイプには何があるの?


顔の印象を大きくマイナスに変えてしまうくま。睡眠不足が原因、と考えている方が多いのではないでしょうか。

それも間違いではありません。

が、くまにはもっと色々な原因が考えられます。原因によってくまの見た目も変わってくるのです。
具体的に、くまは症状別に「茶くま」、「黒くま」、「青くま」の3タイプに分けられます。
まずは自分がどのタイプに当てはまるのか、次の項目で見ていきましょう!

2.自分はどのタイプ?見分け方


さて、あなたはどのタイプのくまでしょうか?
簡単に見分けられる方法をご紹介します!

①目じりを横に引っ張る

まず、目じりを横に引っ張ってみてください
引っ張った時、くまはどうなりましたか?
「薄くなるけど、消えはしない」
「日によって違う…」
そんなあなたは「青くま」タイプです!
当てはまらなかった方は②に進んでください。

②上をむく

次に手鏡を持って、上を見て見てください
上を見た時、くまが薄くなっていませんか?
「薄く見える!」
と感じたあなたは、「黒くま」タイプです!
これも当てはまらないぞ、という方は③に進んでください。

③何しても変わらない

引っ張っても、上を向いてもくまの状態が変わらなかった、、というあなたは「茶くま」タイプです!

どうでしょう?
自分のくまのタイプ、分かりましたか?

タイプがわかったところで、あなたに合ったくまの対処法を、次から詳しく見ていきましょう!

3.くまのタイプ別、原因と対処法

①青くま


【見た目】
目の下が青黒く見える

【原因】
目の疲れや冷え、寝不足で血流が悪くなるため
【ケア】
・温めたり、マッサージをしたりして血流を良くする。
・睡眠もしっかりとること。

②黒くま


【見た目】
影ができて黒く見える。むくみによって目立ってしまう。

【原因】
加齢による張りや弾力、筋力の低下のため。

【ケア】
・目だけを上下左右に動かして筋力トレーニングをする
・むくみ予防(塩分や冷たいものを控える)
※張りや弾力は化粧品で補うには限界があります。
ケアしてもまだ気になる方は、ヒアルロン酸注射など美容手術を考えましょう

③茶くま


【見た目】
茶色く見える

【原因】
・シミが集まってくまのように見える
・目をこすることで色素沈着が起きる

【ケア】
美白ケア目元の紫外線対策をする
・アイメイクを落とすときは強くこすらない

4.くまのタイプ別。コンシーラーの選び方


あなたはコンシーラーを選ぶ時、何を基準に選んでいますか?

コスパ?質感?

本当にくまを隠したいなら
絶対に「色」で選んでください!

自分のくまに合わせた色のコンシーラーを使わないと、しっかりくまをカバーすることはできません。

また、肌に合わせた色のコンシーラーだと、逆に肌がくすんで見えてしまいます。

では、どのくまに何色が効果的なのか、ご説明していきますね。

①黒くまさん

黒くまさんは、コンシーラーと言うよりも、「オレンジ系のコントロールカラー」を選びましょう。

②青くまさん

青くまさんは、「オレンジ系のコンシーラー」を選びましょう。

③茶くまさん

茶くまさんは「イエロー系のコンシーラー」を選びましょう。

5.正しいコンシーラーの付け方


せっかく自分に適した色のコンシーラーが分かったなら、正しいコンシーラーの付け方でより綺麗なお肌を作っていきましょう!

①くまの気になるところにコンシーラーを点置きする

②ポンポンと軽くたたく

③薬指で左右にスライドさせるように、優しくくま全体になじませる

このスリーステップで綺麗にくまをカバーできるはずです。
ぜひ試して見てくださいね!

6.まとめ

忙しい毎日を過ごしていると、
必ずと言っていいほどできてしまうくま。

この記事を読んだあなたは、なぜくまができてしまうのか、どうやってケアすればいいのか、バッチリわかりましたね?

くまは、見た目年齢を大きく変えてしまう女性の敵です!
しっかりと予防して、周りよりも若々しいお顔を保ちましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

もくじ
閉じる