失敗しない!夫婦で旅行を計画する時のコツ

こんにちは。
きなこです。

最近はGo Toキャンペーンで
ずいぶんと安価に旅行に行くことができるようになりましたよね

夫婦や家族で旅行を計画している方も多いのでは?

楽しみが多い旅行ですが
しっかり計画を立てないと
「なんだか私にばかり任せ切りじゃん!」
「これ、決めてなかったの?!

なんて喧嘩に発展することもしばしば。

そうならないために、この記事を読んで
喧嘩せずに旅行準備から帰ってくるまでを終えられるようにしましょうね。

1.揉めがちなポイントと解決策 ~準備編~

①誘いが急


「今週末〇〇に行こう!」というのはちょっと急ですよね。
誘われるのは嬉しいことですが、旅行に行くには準備が必要です。
出かける費用と家計のバランスを考えたり、必要に応じて持ち物を揃えたり、場合によってはその前にお仕事を片付けてしまわないといけないかもしれません。
急に誘われるとてんやわんやと準備をしなければならず、旅行に行く前に疲れてしまいます。

【解決策】
行きたいところがあるならば、余裕を持って少なくとも1ヶ月前には相手に提案するようにしましょう。
人気の宿に行きたいのであれば1か月前でも埋まってしまっまていることが多いので、そういったところに行きたい場合は2~3ヶ月前には予定を決めてしまいましょう。

②いつまでも計画を立てない


「ここに行きたい」と誘ってきた割には、全然計画を立てようとしない姿を見るとイラッとします。これは経験談です(笑)
誘っただけですんなり旅行に行ける訳ではありません。
旅行に行くには、ある程度どこの場所を回るのか、宿はどこにするか、移動手段はどうするかなど、ざっくりプランを決めたり、交通機関や宿泊先を手配する必要があります。

【解決策】
旅行の提案があった時に、少なくとも
・泊まりがけなのか
・泊まる場合はどこに泊まるのか
・新幹線や飛行機の手配は必要か
・その旅行の予算がいくらなのか
この4つはパッと決めてしまいましょう。

加えて
・そこに行って、どのスポットを回りたいのか
・当日は何時に出発するのか
・チェックイン・アウトが何時か
こういった情報も少しずつ話し合っていくとスムーズに旅行が進められます。

2.揉めがちなポイントと解決策 ~旅行中編~

①こまごました出費のふりわけ


交通費や旅費など、まとまったお金は予算を決めている事がほとんどです。
でも、当日の外食費や駐車場代、ガソリン代や高速道路代などなど、細かい出費まではいちいち振り分けないですよね。
なので、当日になってから、「え、それは私が払うの?」とか、「絶対私の方が出費多くない?」なんて不満に思ってしまいます。

【解決策】
旅行中にかかった費用は、とりあえずどちらかが一時的に全部負担し、最後にそれを折半すると平等です。
その場合、行く先々でもらった領収書やレシートは捨てないでしっかり保管しておきましょう。

②なぜかテンションが低い


楽しみにしていた旅行のはずなのに、誘ってきた本人がなんかテンションが低い
そうなると「せっかく来たのに…」と一緒にいる方は面白くないですよね。
そんなことある?と思うかもしれませんが、意外にこれはあるあるなんです。

【解決策】
・ちょっと休憩を入れる
なんだか元気がないのは、もしかしたら慣れない土地やたくさん移動したことに疲れているのかもしれません。
予定にはなくとも、ちょっとカフェに入るなど、ゆったり休憩できる時間をとりましょう

・楽しい話題をふってみる
もしかしたら、「思っていた場所が違う…」と旅行先をいまいち楽しめていないのかも知れません。それなら、あなたの方から「ここの景色綺麗だね!」、「今度はここに行ってみよう!」などと明るい話題をふってあげると一緒に盛り上がれるはずです!

3.揉めがちなポイントと解決策 ~旅行後編~

「ん?旅行後になんで喧嘩?」と思う方。
意外とあるんですよ、、(笑)
それでは見ていきましょう!

①旅行後の片付けをしない


旅行から帰ってくると、数日分の着替えやお土産など、色んなものが部屋に散らばります
それが何日も、何週間も片付けられずに放置されていると、「いつ片付けるの💢」とイラッとします。

【解決策】
すぐに片付けてもらう
これしか解決はできません。
時間が経てば経つほど片付けが面倒になります。
片付けるまでが旅行と思って、帰ってきたら直ぐに2人で片付けを終わらせてしまいましょう。

②「疲れているから」と家事を人任せにする


たとえ旅行後であっても数日分の着替えを洗濯したり、その日のごはんを作ったりと、やらなければならないことはあります。
疲れているのはお互い様なのに、「疲れたからよろしく」と人任せにされたら嫌ですよね。

【解決策】
・素直に協力を頼む
「疲れてるのはお互い様だから、協力してやろう」と人声掛けましょう。

・その日はゆっくり休む
どうしても疲れて気力がない時は、無理してやらず、休みましょう。
今の時代、デリバリーや家事代行サービスなど便利なシステムが沢山あるので、そういったものを活用しましょう。

4.まとめ


旅行で揉め事が起きるのは、「2人が違う人間だから」です。
たとえ夫婦でも、!2人は性格も、体力も、考え方も、なにもかも違うことだらけです。
そんな2人が自分の思うとおりにばかり行動していたら、当然不満が生まれます。

旅行を楽しむためには、お互いを思いやる気持ちが何よりも大切です。
2人で協力して旅行を素敵な思い出にしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

もくじ
閉じる