あなたばかり我慢してない?【理想の旦那は育てるもの】

おもちちゃんのアイコン画像おもちちゃん
ここにテキストを入力

こまちちゃんのアイコン画像こまちちゃん
ここにテキストを入力

結婚したら1度は持つであろうこんな悩み。


「注意するより自分でやっちゃった方が早いや」と、不満を飲み込んで全部やってあげてしまってはいませんか?

そんな妻の皆さん。

あなたばかりが我慢するなんて勿体ない!
早く旦那さんを育てなければ手遅れになってしまいますよ。
自分の首を絞めないためにも、しっかり旦那を教育していきましょう!

もくじ

1.教育は急げ!早いうちに旦那を育てるべき理由

きなこのアイコン画像きなこ
ここにテキストを入力

美味しいご飯を作ってあげたり、洗濯もしてアイロンがけまでしっかりしたりなんかして…。
旦那さんに尽くしてあげるのはとても素敵なことです。

が、いきすぎて「なんでも屋さん」になってしまうのは避けましょう。


旦那さんがなんでもやってもらえることが当たり前になり、自分では何もしなくなってしまいます。
旦那さんと2人での生活の時はまだ大丈夫かもしれませんが、今後家族が増えたり、仕事が今より忙しくなったりと色々なライフイベントを考慮すると、「なんでも屋さん」には限界があります。

仕事が忙しい日は家事は頼りたくなりますし、子育てはもちろん旦那さんにも積極的に参加して欲しいですよね。
この先旦那さんに協力的で素敵な旦那さんになってもらうためにも、早いうちから「自分でやるのが当たり前」ということを覚えさせることが大切です。

2.こんな旦那は要注意!よくある「サボり癖」

①決まった役割分担をしっかりやらない

家庭によると思いますが、共働きであれば家事は分担して行っている家庭が多いのではないでしょうか?
そんな中、「じゃあ、自分は洗濯をやるよ」なんて言っていたのに、実際は洗濯機がパンパンになっていても知らんぷり。

こんな感じで、決まっている役割を平気でスルーしている旦那さんは、既に「どうせやってもらえる」という考え方が染み付いているかもしれません。

②予定を守らない

例えば「週末は買い出しに行こう」と2人で話し合ってたのに、いつまでも寝ている…。
あげくに「疲れているし今日は無理」なんて投げ出されることも。

こんな旦那さんは、もし子供が出来た時に「今日は俺が面倒見るから休んでなよ」なんて言ってきたとしても、「やっぱり手に負えないから見てちょうだい」などと、言動に責任を持たない可能性があります。

3.まず止めよう!旦那の甘やかし

特に、新婚でラブラブな時期は旦那さんになんでもやってあげたくなっちゃいますよね。
少しくらいの不満さえも許せてしまうものです。
でも、本当に大事なのは、この2人で生活をし始めた時点なのです。

たった1回でもあなたが旦那さんの役割を代行してあげれば、旦那さんには「やってもらえる」という甘えが生じます。これを繰り返してしまえば、尚更甘えて、いつの間にかあなたの仕事がどんどん増えていくことになりかねません。

ラブラブな時期こそ、旦那さんに甘えるふりをして色々やってもらいましょう(笑)
少しでも、「約束と違うな」と思うことがあれば、遠慮なく旦那さんに伝えてしっかり役割を全うしてもらうようにしましょう。

4.協力的な旦那を育てるには?

では、具体的にどのように接すれば良いのでしょうか?
答えは簡単。繰り返しになりますが、決められたことをきちんとやってもらうということを徹底しましょう。

もし、旦那さんがサボっているところを見つけたら、「これやっておいてね〜」とサラッと言えるようにしましょう。

5.旦那が育たない!妻のNG行動

旦那さんがせっかくやってくれたことに対する文句や、急かすような物言いは旦那さんのやる気がそがれてしまいます
例えば、「洗濯しわが酷かったよ」「これ早くやってよね」などです。

旦那さんがしてくれたことは褒めつつ優しく助言する、「時間がある時にやってね」と言い方を柔らかくするなど、
なるべく旦那さんを刺激しないように注意しましょう。

「なんでそこまで気を使わなきゃ行けないの」と少し心外かもしれませんが、後々自分が楽になると思って、優しく接してあげましょう。

「旦那がこうだったらいいのにな…」を叶えるにはあなたの努力次第です。
新生活のスタートこそ、言うことはちゃんと言って理想の生活を手に入れましょう。

6.まとめ

口をすっぱくして何度も言いますが、旦那さんに協力的になってほしいのであれば最初が肝心です。

結婚したての甘やかしたい時期をぐっとこらえて、理想の旦那さんを育てられるように引っ張っていきましょう。

それでも「だんなが気が利かない、、、」なんて悩むときは是非こちらの記事も読んでみてくださいね^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

もくじ
閉じる